今後期待できる仮想通貨銘柄・取引所は?【バイビットがおすすめ】

3つの仮想通貨

クロネコ

仮想通貨に興味を持ち始めたんですが、今後期待できる銘柄とか取引所ってありますかね?
仮想通貨はこれからさらに成長する兆しを見せていますが、中でもおすすめの銘柄や利用すべき取引所というのはあります。
その内容を具体的に見ていきましょう。

先生

2020年中頃からビットコインを始めとした各種仮想通貨の高騰が激しくなり、一般的な方にもそのニュースが届くようになりました。

そして2022年以降はそんな仮想通貨の価格がいったん落ち着きを取り戻しているのですが、そうなってくると「自分もこのタイミングで仮想通貨投資をしてみたい」という方が増えてきます。

そうした方の中には今後期待できる銘柄はどういったものか?を知りたい方もいることでしょう。

そこで、この記事では今後の値動きに注目したい仮想通貨銘柄や利用すべき取引所の情報をまとめてみました。

今から仮想通貨取引を始めるという方はぜひ参考にしていってください。

バイビット (bybit)の口座開設はこちらから

仮想通貨で今後期待できる銘柄や取引所は?【初心者ならバイビット (bybit)を選ぼう】

スチーム, 蒸し, 仮想通貨, コイン, Cryptocurrency, 蒸気ドル, 蒸気動力, 金貨

今から初心者や少額トレーダーが現在のところ300万円前後のビットコインに手を出すのはややハードルが高いと言えます。

そこで、ここでは2022年以降に手を出しても遅くない「比較的価格が安く、それでいて今後の伸び率に期待が持てる仮想通貨」をピックアップしてみました。

それぞれの仮想通貨の特徴や現在のレートと今後の伸び率をご紹介していきましょう。

仮想通貨で今後期待できる銘柄は?

今後の成長に期待できる仮想通貨は以下の3つです。

【今後期待の仮想通貨】

  • リップル
  • イオス
  • ドージコイン

リップルやイオスというのはアルトコインの中でも比較的メジャーな仮想通貨です。

取り扱っている仮想通貨取引所が多く、どちらも安価なので手を出しやすいといった特徴があります。

そして、3つ目のドージコインですが、こちらは短期的に稼げる可能性が高い仮想通貨となっています。

ということで、今後に期待が持てる3つの仮想通貨の内容・特徴を詳しく見ていきましょう。

①リップル

リップルは過去に仮想通貨業界で時価総額3位にまで上り詰めた実績を持つ銘柄です。

これはビットコインやイーサリアムに次ぐ成績であり、仮想通貨の中では特に高い信頼性を持っている証拠でもあります。

そんなリップルの現在のレートや今後の値動き予測を見ていきましょう。

リップルのレート

リップルは2020年中頃まで30円くらいの価格をずっとキープしていました。

しかし、2020年後半から2021年前半にかけて一気に200円台まで価格を上げています。

ちなみにこのときの伸び率は半年でだいたい7倍程度です。

仮に10万円分のリップルを持っていたとしたら70万円にまで増えていたことになり、さらに海外の仮想通貨取引所を使って25倍~50倍のレバレッジ取引をしていたとすれば単純に「7倍×25倍~50倍」の利益が生まれた計算になります。

元手が10万円であれば175万円~300万円程度の利益が出ていたということです。

このようにリップルは少額からでも大きな利益が出せる仮想通貨として期待が出来ます。

現在のレートは50円前後ですが今後また200円台を突破する可能性も十分考えられますので、今のうちから手を出しておきましょう。

②イオス

イオスもまたリップルと同じような期待が持てる仮想通貨です。

イオスレート

2020年前半までは300円台くらいをキープしていたイオスですが、リップルと同様2021年前半にかけてその価格を一気に伸ばしています。

300円⇒1500円ほどの価格アップなので伸び率は5倍といったところです。

しかし2022年後半にはその価格が130円~150円くらいにまで落ち着いているので、大量買いをするなら絶好のタイミングと言えるでしょう。

ちなみにイオスはこれまで安定した価格推移を見せてきた銘柄です。

そのため、単純に買い注文を出しておけば今後利益が出る可能性が高い銘柄となっています。

③ドージコイン

2021年になっていきなり注目を集めるようになった仮想通貨がドージコインです。

元々は1円以下だった価格が80円にまで上がり話題となりました。

1円⇒80円なので伸び率は80倍ということになります。

ドージコインのレート

2022年現在のレートは約10円となっていますが、今後また数倍になる可能性は十分あります。

ちなみにドージコインは発行上限数を決めていない仮想通貨なので、最終的にはその価格が落ちると予想されている銘柄です。

ただ、価格が落ちるのはまだまだ先と言えるため短期的に稼ぐには今こそチャンスの銘柄と言えるでしょう。

また、仮に暴落するとしても売り注文を出せばかなりの利益が稼げますのでどちらにしても大きな値動きが起きる前にチェックしておいてください。

クロネコ

価値が暴落しても自分が売り注文を出していれば利益が出るってことですね。
その通りです。
価格が大きく下がりそうな仮想通貨を探しておくのも稼ぐ方法のひとつですよ。

先生

バイビット (bybit)(仮想通貨)での『3つの稼ぎ方』をご紹介!【初心者向け簡単解説】

今後期待できる仮想通貨取引所はどこ?【バイビット (bybit)一択】

続いては今後期待できる仮想通貨取引所についてご紹介していきます。

ここでおすすめするのは海外の仮想通貨取引所「バイビット (bybit)」です。

バイビット (bybit)であれば先ほどご紹介した3つの仮想通貨すべてに投資が出来ます。

また、海外の仮想通貨取引所ならではのハイレバレッジで安全な取引も出来ますので、初心者なら必ずこちらのバイビット (bybit)を選んでおいてください。

なお、バイビット (bybit)をおすすめする理由は2つです。

  • まだまだ最大レバレッジ100倍が使えてゼロカットシステムにも対応している
  • 毎月のように新規の取引銘柄を増やしていてアルトコインも充実している

最近の日本では仮想通貨取引に対する規制が強まり、レバレッジの最大倍率引き下げがおこなわれようとしています。(2022年11月時点で最大レバレッジは2倍)

こうした動きは海外の仮想通貨取引所でも見られていて、知名度の高いバイナンスでも最大レバレッジ引き下げがおこなわれました。

こうした動きがある中でもバイビット (bybit)はいまだに最大レバレッジ100倍を提供する姿勢を見せています。

今後いつまで最大レバレッジ100倍のままでいられるかは分かりませんが、それでも今なら他社よりも有利な条件で取引が出来ますので、興味がある方はすぐに口座開設をしてください。

※2022年11月時点でもバイビットの最大レバレッジは100倍

①最大レバレッジ100倍&ゼロカットシステム採用

今後、仮想通貨取引を始めるなら確実にバイビット (bybit)がおすすめです。

価格が高騰したビットコインに対して投資をする場合、最大レバレッジは少なくとも50倍前後は必要です。

特に数十万円程度の資金でビットコイン投資を始めるなら最大レバレッジは大きいに越したことがありません。

そうした意味でも100倍のレバレッジが使えるバイビット (bybit)というのは、今後貴重な仮想通貨取引所になっていくでしょう。

また、バイビット (bybit)ではそのほかのアルトコインに対するレバレッジも12.5倍~50倍を用意しています。

さらにバイビット (bybit)はゼロカットシステム採用業者なので、追証が発生するリスクがありません。

つまり絶対に借金をしない取引所ということです。

国内の取引所のように追証が発生するところは、借金リスクを抱えながら仮想通貨取引をおこなうことになります。

こうした部分でもバイビット (bybit)の方が安全かつトレーダー有利な条件で取引が出来ますので、ぜひ一度利用してみてください。

②取引銘柄が豊富&アルトコインも充実

バイビット (bybit)では毎月のように新しい取引通貨ペアを増やしています。

そのため、たくさんの通貨ペアの中から今後の値上がりに期待できる銘柄を探せます。

もちろん先ほどご紹介したリップル・イオス・ドージコインも取引可能です。

ほかにもマイナーで価格の安い銘柄が揃っていますので、ぜひ爆発的にレートを上げる仮想通貨を予想してみてください。

※2022年11月時点:取扱銘柄180種類以上

まとめ

今後期待できる仮想通貨銘柄や取引所に関する情報をご紹介してきました。

仮想通貨の中にはいきなり価格を何十倍にも上げる銘柄が潜んでいます。

そうしたマイナーな銘柄に投資するには海外の仮想通貨取引所を利用するのがベストです。

国内の取引所では取り扱っていない銘柄にも投資が出来ますので、ぜひおすすめするバイビット (bybit)を一度覗いてみてください。

少額からでも稼げる仮想通貨が一通り揃っていて非常に便利です。

バイビット (bybit)の口座開設はこちらから

バイビットの特徴やメリットは?国内取引所との違いを徹底解説!